愛犬の栄養を考えた手作りごはん専門店-
ぽんちゃんごはん

心の和解 親との再会と気づき

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

両親の顔色ばっかり

うかがっていた幼少期

 

そのくせが今も人の顔色を

うかがってばっかりいてしまう

 

そんな自分と向き合うために

 

今日はそんなお話でするんるん (音符)

 

 

数ヶ月ぶりに

実家に帰ってきました

 

 

前回帰ったのは

何時やったんやろって

思い出せない位

 

 

父と向き合って

ゆっくり話すってことは

出来んかったけど

 

 

今まで頭ごなしに

否定してきてはった言動とは

なんかちょっと違ってたのは

私の捉え方が変わったんかも

 

今後について

少し話せたから

よしとしよ

今回帰った大きな理由のひとつ

母に会いたい

 

認知症で施設に入ってて

施設に入る前に会ったきり

2年近く会ってない

 

 

最後に会ったのは実家で

私をヘルパーさんと思って

 

お世話になってます

すみませんねぇ

 

って言ってはった

 

今回会って

私って気づいて貰えるかは

分らんけど…

 

でも

どうしても会って

会話

産んでくれてありがとう

 

って言いたかった

 

 

面会も仕切り越しで

直接触れ合うことも出来ない

 

そんな状態やったけど

 

会ってすぐに

かおりちゃんか??

 

って言ってもらえて

めちゃくちゃ嬉しかった

 

母が落ち着かなくて

会話らしい会話は出来なかったけど

 

15分という時間を

一緒に過ごしてきた

 

 

途中、私って分かってなかったけど

 

 

それでもヘルパーさんが

 

娘さん来てくれはって

良かったね

 

って言葉に対して

 

 

可愛いやろ

私が産んでんdouble exclamationdouble exclamation
小さい時は

可愛くて可愛くて仕方なかった

ってヘルパーさんに

言ってる言葉を聞いて

 

 

dummy

可愛がってくれてはったんや
可愛いって思って貰えてたんや

 

って涙が溢れてきた

 

愛し方は

ちょっと歪んでたかもしれない

 

母の気に入らないことがあると

無視されたり怒鳴られたり

 

可愛くない子

出ていけーー

 

って言われたり

 

人やから

イライラしたり

感情的になったりすることもある

 

その時に思ってもない事を

口走ってしまうこともある

 

母のあの時の言動・行動が

私の中で根深い傷のなって

 

私なんて愛されない

 

人は私のことを嫌いになって

離れていってしまう

 

人の顔色ばっかり伺って

言動に一喜一憂して

 

言われてもないこと

起こってもいないことを

勝手に想像して不安になって

 

どんどん思い込んでしまうdouble exclamation

 

 

昨日、母に会って

可愛くて仕方なかった

って言葉に救われた

 

母は母なりの愛情表現を

自分の精一杯でしてくれてたって

今なら思えるdouble exclamationdouble exclamation

 

ある方が

その時のその人のベストやった

それが悪い良いはない

 

 

ベストな状態で向き合ってきた結果

そんな愛し方しかできなかった

ってだけの話

 

そこを受け入れていくことが

大切になってくる

 

母との面会は

15分間で話してるのは

ほんの数分やったけど

行って良かったって思う

 

最後、面会が終わる間際に

会話

産んでくれてありがとう

って横顔に伝えれた

 

聞けえてるのか

理解できてるのか

そこは分らんけど

 

 

自分のなかで一歩前に向けた

 

父も母もかなり弱って来て

残りどれだけ一緒にいれるか分からない

 

今まで会いにも行かずやったけど

後悔のないように向き合って

少しでも一緒に過ごす時間を作ろうと思う

 

 

今の私があるのは

父と母がいてくれたから

 

小さい時の色んなことが

ずっと引っかかってたけど

全部が全部急に気にしないって

そんなのは無理かも知れないけど

 

 

 

父と母のベストな状態で

接してくれてはったんやって

 

言われるだけじゃなくて

 

感じて腹落ちしたので

 

悪い思い出じゃなくて

少しずつ良い思い出に

塗り替えて行きますわーい (嬉しい顔)

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒658-0027
兵庫県神戸市東灘区青木5丁目2−13
ハイツフェニックス1階
営業時間 平日10:00〜18:00
手作りごはん講座 オンライン講座 ご褒美&特別食 メニュー表

           

わんちゃんの
手作りごはん研究家

                               
名前髙野 香織
住まい兵庫県

Profile

1975年京都府生まれ
京料理の板前として5年間勤務
その後完全手作りの定食屋さんを開業

結婚後、旦那の添加物だらけの食生活・アルコール依存症・睡眠薬の服用・言葉の暴力などで離婚。
離婚後、病気が発覚し、突然死

死の発見者となり、睡眠薬・安定剤の服用を余儀なくされ、笑えなくなり廃人に

廃人生活から救ってくれた“わんちゃん”に 何の疑問も持たず当たり前のように“ペットフード”を与えるが “ペットフード”の危険性を知り、元旦那と同じ添加物だらけの食生活をさせて早死にさせたくないと自身の使命へと繋がる

ペット食育協会APNAで、わんちゃんの手作りごはんを学び 板前の経験から、わんちゃんも人も一緒に取り分けで美味しく食べる手作りごはん
「家族みんなで食べられる手作りごはん」を考案

【健康で長生きする幸せなわんちゃんと、愛情あふれる飼い主さんでいっぱいにする】を使命とする

家族と子犬の学校 cocoicoにて無添加の手作りおやつを販売

★調理師免許取得
★APNA食育指導士
★ペットフーディスト
★食育実戦プランナー

月別記事