愛犬の栄養を考えた手作りごはん専門店-
ぽんちゃんごはん

愛犬にレーズンがあかんってほんま?

食品

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ぽんちゃんに

レーズンパン粥をあげて

Instagramに投稿したら

 

凄い反応がdouble exclamationdouble exclamationdouble exclamation

 

今日はそんなお話です

 

毎日Instagramに

ぽんちゃんのごはんを投稿してる

 

この前

わんわんマルシェの出店で

バタバタしてて

 

気付いたら冷蔵庫が

すっからかんがく〜 (落胆した顔)

 

あったのが

レーズンパンやったので

 

 

ぽんちゃん美味しそうに

食べてくれて良かったって

 

 

Instagramにも投稿して

そのまんまスマホを見ることもなく

 

わんわんマルシェを楽しんでたハートたち (複数ハート)

 

 

終わってスマホチェックしたら

Instagramにコメントやらメッセージが

 

 

ぶどうはだめだけど💦

レーズンは大丈夫なんですか?

知りたいですdouble exclamation

 

 

わんちゃん

確かレーズンダメなんでは?

ぶどうもダメですよね

 

 

わんちゃんレーズン食べても

大丈夫なんですか?

犬ってレーズン食べてもいいのですか?

 

ぶどうは絶対ダメって言われてますが

レーズンは大丈夫なんですか?

 

会話

めっちゃ来てるやん

確かに

わんちゃんにぶどう・レーズンを

食べさせたらあかんって

言われてるdouble exclamation

 

でも、なんであかんかって

知ってますか?

 

 

 

わんちゃんが食べて

急性腎不全になったり

中毒症状を起こしたり

死亡したって

最初の報告は

2001年の論文

 

10頭のわんちゃん

レーズンを食べた5頭

ぶどうを食べた5頭が

中毒を起こした

 

そのうち8頭が

1999年から2001年の間

 

この論文から

わんちゃんにぶどうが危険って

言われだしたんやけど

 

実際、2000年前までは

一般的に食べられてたので

 

ぶどうがあかんって

知らはらへん飼い主さんも多い

 

 

 

実際

わんちゃんと行く

ぶどう狩り

ってツアーがあって

 

一緒にぶどう狩りにいって

わんちゃんと一緒にぶどうを食べたり

 

わんちゃんがぶどうに関わる仕事もある

 

 

ワイン犬

わんちゃんをワイナリーで飼って

来てくれはったお客さんをお迎え

癒してくれはるってゆーのんと

 

わんちゃんがぶどうを食べたら

そのぶどうは熟して美味しい

ワインに最適な収穫時期を

わんちゃんが判断してくれる

 

 

ぶどうを栽培してる農家さんでは

わんちゃんが普通にぶどう食べてる

って問い合わせたら言ってはった

 

1999年の論文に

ぶどう中毒の報告があるが

その報告書の中に

「過去にぶどう・レーズン摂取による

腎不全の報告は見つからない」

と記載されてる

 

ではなぜ、ぶどう・レーズンによる

中毒症状が出てきたのでしょうexclamation and question

 

 

 

ぶどうの製造過程で使用した

農薬や防腐剤

 

流通過程でぶどうが

傷まないようにする薬品

 

大きく影響している

 

 

ぶどうに付着した

農薬等が中毒の原因と考えられる

 

 

ぶどうの残留農薬濃度って

凄く多い

 

ぶどう・レーズンがあかんって言われるけど

その原因が何なのかを知っていると

 

わんちゃんにあげれるわーい (嬉しい顔)

 

ぽんちゃんにあげた

レーズンパンもその辺をちゃんと見て

あげてるから安心してあげれたわーい (嬉しい顔)

 

ちゃんと知識があれば

あんしんしてあげれる

 

その為にも

ちゃんとした知識を

身につけてくださいねわーい (嬉しい顔)

 

 

応援してまするんるん (音符)

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒658-0027
兵庫県神戸市東灘区青木5丁目2−13
ハイツフェニックス1階
営業時間 平日10:00〜18:00
手作りごはん講座 オンライン講座 ぽんちゃんごはんSHOP

           

わんちゃんの
手作りごはん研究家

                               
名前髙野 香織
住まい兵庫県

Profile

1975年京都府生まれ
京料理の板前として5年間勤務
その後完全手作りの定食屋さんを開業

結婚後、旦那の添加物だらけの食生活・アルコール依存症・睡眠薬の服用・言葉の暴力などで離婚。
離婚後、病気が発覚し、突然死

死の発見者となり、睡眠薬・安定剤の服用を余儀なくされ、笑えなくなり廃人に

廃人生活から救ってくれた“わんちゃん”に 何の疑問も持たず当たり前のように“ペットフード”を与えるが “ペットフード”の危険性を知り、元旦那と同じ添加物だらけの食生活をさせて早死にさせたくないと自身の使命へと繋がる

ペット食育協会APNAで、わんちゃんの手作りごはんを学び 板前の経験から、わんちゃんも人も一緒に取り分けで美味しく食べる手作りごはん
「家族みんなで食べられる手作りごはん」を考案

【健康で長生きする幸せなわんちゃんと、愛情あふれる飼い主さんでいっぱいにする】を使命とする

家族と子犬の学校 cocoicoにて無添加の手作りおやつを販売

★調理師免許取得
★APNA食育士准指導士
★ペットフーディスト
★食育実戦プランナー

月別記事