愛犬の栄養を考えた手作りごはん専門店-
ぽんちゃんごはん

手作りごはんで変わるわんちゃんのうんち事情

うんち

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

知らんかったら

1日うんちしないだけで

不安になる

 

手作りごはんにすることで

こんなうんちの変化があるんです

 

今日はそんなお話でするんるん (音符)

4日間色んな方の力を借りて

ぽんちゃんを置いて

研修に行ってきました

 

ひとり暮らしをしている

娘が夜と土日

 

学校への送り迎えを

お友達ママに

平日2日間は

ぽんちゃんのごはんも

食べさせて貰って

本当に助かりましたわーい (嬉しい顔)

 

帰ってきて

娘に

会話

ありがとう

って伝えて直ぐに言われてのが

ぽんちゃんごはん食べてないよ

 

会話

なんで食べてへんの?
いらんって食べんかった?

 

土曜日ごはんあげてから

うんちしてへんから

食べささんかった

 

 

会話

うんち1日位せんでも大丈夫やし
食べさしてあげてよ!!

って会話が…

 

LINEでもしてくれたらよかったのに

何の連絡もなかったから

安心してたのに甘かった!!

 

1日位食べなくても

全然大丈夫なんやけど

あげてるもんって思ってたのと

 

そんな考えをするって

思ってなかったから

そっちの方がびっくりしたdouble exclamationdouble exclamation

 

でも知らんかったり

はじめてのことって

確かに怖くなってしまう

ってことあるよなぁって

 

普段ぽんちゃんのお世話は

全て私がやってて

ひとり暮らしする前も

娘がお世話をする事って

なかったから仕方ないなって

 

 

うんち1つにしても

1日しないと心配するように

 

 

ペットフードから

手作りごはんにして

 

うんちの

回数が減ったり

量が減ったりして

なんでって思うことがある

 

 

これは

めっちゃあるあるっていうか

 

ペットフードから

手作りごはんに切り替えたら

真っ先にって言ってもいいほど

直ぐに感じる変化

 

 

うんちは

体の中で吸収しなかった

残りかす

 

こんなイメージね

それ以外も含まれるけど

大体こんな感じ

 

 

ペットフードから

手作りごはんに変えて

うんちの回数・量が

めっちゃ減る💩

 

食べてる量は

ペットフードの時と

そんな変わってへんのに

手作りごはんにすることで

なんで減るのって不思議やけど

 

 

手作りごはんのする事で

体に必要なものが吸収されるから

 

 

ペットフードの時は

全然吸収されてない

 

極端な言い方をすると

 

 

体に必要のない物

食べさせて

 

 

内蔵を酷使してるだけ

 

 

 

総合栄養食やから

 

栄養は摂れてるんかも

知れへんけど

 

 

うんちの量見たら

 

 

どんだけ必要のないもん

食べさせてるんdouble exclamationdouble exclamation

 

 

全然吸収してへんやん

ってなっちゃうげっそり (顔)

 

 

手作りごはんにする事で

 

 

うんちの量も減って

回数も減るから

 

 

うんちの処理が

めっちゃ楽になる目がハート (顔)

 

 

おまけに

ペットフードみたいに

必要のないもん多くないから

 

 

内蔵の負担も減る

 

 

そして

匂いも全然ちがうdouble exclamation

 

 

ペットフードのわんちゃんが

うんちしたら

後ろ向いてても

 

うんちした冷や汗 (顔)って

気づくけど

 

手作りごはんのわんちゃんが

うんちしても気づかない

 

それくらい違うdouble exclamationdouble exclamation

 

 

手作りごはんを

正しく知って

楽しく手作りごはんをすることで

 

うんちの処理も

楽にしてくださいね

 

応援してまするんるん (音符)

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒658-0027
兵庫県神戸市東灘区青木5丁目2−13
ハイツフェニックス1階
営業時間 平日10:00〜18:00
手作りごはん講座 オンライン講座 ご褒美&特別食 メニュー表

           

わんちゃんの
手作りごはん研究家

                               
名前髙野 香織
住まい兵庫県

Profile

1975年京都府生まれ
京料理の板前として5年間勤務
その後完全手作りの定食屋さんを開業

結婚後、旦那の添加物だらけの食生活・アルコール依存症・睡眠薬の服用・言葉の暴力などで離婚。
離婚後、病気が発覚し、突然死

死の発見者となり、睡眠薬・安定剤の服用を余儀なくされ、笑えなくなり廃人に

廃人生活から救ってくれた“わんちゃん”に 何の疑問も持たず当たり前のように“ペットフード”を与えるが “ペットフード”の危険性を知り、元旦那と同じ添加物だらけの食生活をさせて早死にさせたくないと自身の使命へと繋がる

ペット食育協会APNAで、わんちゃんの手作りごはんを学び 板前の経験から、わんちゃんも人も一緒に取り分けで美味しく食べる手作りごはん
「家族みんなで食べられる手作りごはん」を考案

【健康で長生きする幸せなわんちゃんと、愛情あふれる飼い主さんでいっぱいにする】を使命とする

家族と子犬の学校 cocoicoにて無添加の手作りおやつを販売

★調理師免許取得
★APNA食育指導士
★ペットフーディスト
★食育実戦プランナー

月別記事